2017年3月22日水曜日

HPP(非加熱高圧処理)商品 最前線!

先々週、アメリカへ出張に行ってきました。
Natural Products Expoに来る度に、あーもう1年経ったのか。。と感じます。

アメリカですっかり定着の感が出てきた非加熱のHPP商品の中で、
今回一番気に入ったのはコールドブリュー(水だし)コーヒー。

これは! うまい!!




特にこのメーカーのラテ、それもアーモンドミルククリームを使った商品、コーヒー好きの私は病み付きになりました。

コーヒーも熱がかからないととこんなに違うのかと今更ながら納得。
チルドコーヒーのあり方を考えさせられますね。

ドレッシングもHPPでチルドが当たり前になってきました。
オメガ3系のオイルを使用するので熱はかけない。 理屈にあってます!



Broth(だし汁)メーカーが作ったHPPスープも美味でしたよ。
新鮮野菜、果実一杯のコールドスープ、良いですね!




HPPジュースは定着しましたが生鮮品コーナーでの取扱いは日本でもどうでしょう?
小売店の皆さんに提案していこうと思います。




私たちもHPP商品を今春から初めて販売開始するので参考になります。

新しい事にチャレンジするのは、「消費者に栄養を壊さずに届ける!」という創業以来の精神を実現させる為。

愚直にやるのみです。





2017年3月7日火曜日

「アマゾン回帰」 アサイーカフェヒカリエ店リニューアルOPEN

アサイーカフェ ヒカリエ店が4年ぶりのリニューアルです!
テーマは「アマゾン回帰」

お店は一見してアマゾンらしいデザインに一新。



実はアサイーカフェ、前身はフルッタフルッタバーというお店でした。
このお店は2002年にアマゾンフルーツの専門店として神戸でデビュー以来、日本初のアマゾンフルーツの情報発信基地として全国に15店舗ほど出店してきました。
現在はヒカリエ店のみの運営となりましたが、我々のチャレンジの歴史を刻んだ思い出深い店舗ばかりです。

渋谷ヒカリエ店はフルッタフルッタブランドのアンテナショップの位置づけにし、2012年、アサイーカフェの名でオープンして以来、アサイーの聖地となりました。

多くのファンやメディアのお陰もあり、アサイーの知名度が上がるにつれてその産地であるアマゾンへの興味や期待が大きくなってきました。

昨年まではアサイーのスムージーやボウルの注文が圧倒的でしたが、最近はカカオやピタヤ(ドラゴンフルーツ)、クプアス他のアマゾンフルーツスムージーが増えています。

いよいよアマゾンの時代が近づいてきた予感。。

アサイーはより日常生活に無くてはならない食品となり、さらに現地で親しまれている「ソウルフード」の様にフードの世界にも展開していきたいです。

アマゾンの風物詩でもあるアサイー看板。
遠くから見ても目に入るアサイーカフェの新たなアイコンです。


今回は10年来、仕事を手伝ってくれている友人のK氏や、彼の仲間で素晴らしいデザインプロデュサーのK氏とのコラボレーションでリニューアルを行いました。
アサイーカフェのコンセプトから練り直し、フルッタフルッタ店舗チームの総力で完成したものです。

また絆の1ページが追加されました。

LINK AMAZON TO OUR LIFE/アマゾンの恵みを壊さずに届ける。

世界中に展開できるお店の誕生です。








2017年1月6日金曜日

新年のご挨拶


Feliz ano novo!
新年明けましておめでとうございます。

お正月は故郷の神戸、有馬で過ごしました。
山の澄み切った空気の中で厳かに除夜の鐘を聞き、
静寂の中で新年を迎えることができました。

思えば2016年は荒波の中を皆で支えあった1年でした。

私を信じて付いて来てくれた全社員こそが私の宝であるとひしと感じながら、
神戸港から聞こえる汽笛は新たな決意を促しているようでした。

今年はどんな年になるのだろうか? 世界はどこに向かっていくのだろうか?
フルッタフルッタはどう進んでいくべきなのだろうか?

 「フルッタフルッタは食を通して世界の人々の健康と地球の環境に貢献する」

すなわち、全世界の人々に幸せをもたらす存在でなければならないと思います。
エネルギーも大切ですが、食は人の命を紡ぎ、環境は必要不可欠なものです。

不足に向かう食糧供給に貢献し、体に良い食品を提供することで医食同源を実現し、
社会に自然資本主義への共感を促すことで美しい地球環境を持続的に発展させる。

そして、消費者のF不都合、不合理、不条理)を解消する製品を生み出していくことも
我々の使命です。

例えば11年前、砂糖不使用の生ジュース品質の飲料はスーパーに存在しませんでした。
そこで「生ジュースが気軽にどこでも飲めない。」という不都合を改善させようと思ったのです。

この変革がフルッタフルッタの原点であり、創業の精神です。

今年は創業15周年。アサイー上陸15周年の年です。

更に驚くことに干支は酉年、我々のシンボルマークであるアラーラの年です。
原点に立ち返り、羽ばたく一年にしていきます。